1111

 

 

さて

書きはじめると

やはり言葉は厄介で

こころを整理しようとしてしまう

ななっ

吐露したつもりが徒労になりそぅ

 

んだ、んだ

「ゆっくり」と 云いきかせながら

いずれは

「ありがと」に 脳内変換しちゃえ

 

和尚がおっしゃった

上り坂、下り坂 、、、 ふふふっ マサカって (苦笑)

まさかじゃなく

ここに来たのだから

ホントのラッキーを想うために

 

ここは、いい

自然なほどに

自分でいるのがわかるみたいに

いつのまにやら そうなっていたみたいで

だからか ・・・ Wishって、となみ野

 

うん

眺めの中にいると

どんどん点になってゆく、俺

こんなちっちぃ ちっちい

 

して

ここじゃ

風の通り道が目に映るんだからしびれる

吹き、すぎた、その跡に

なにがみえるのか

叶うなら

「ホント」がみえるようになりたいぞぉ

 

懲りないやつっしょ、俺 (笑)

さっ、これからは

白い約束の実地検証だぁ

むむ、不適切な日本語も健在だいナマイト!!

 

                    T.ARA

 

p.s.

このタイミングからなにからなにまで

とあるお方に心底感謝し、再会させていただきます

あれから7年、もっとあれから、80回目のBirthdayから

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です