ファインダー、それ、ちょい麻薬

音に

空耳があるように

みえるものにも

錯覚はつきものかもしれず

それを心得た上で

それを遊んでいるんだなと

写真を撮っていて

ちらり、思ったるする

記録の為の写真でない場合の話しだが

 

さながら

騙し絵のように

まっこと、十人十色

どうして

これがそうみえる!?

どうしたら

これをそう感じる!?

となると

そういう感覚を探りたくなって

おいおい

ただ、写真撮って満足しとけよと思いながら

呆れた性質であることよ

 

ただ

ひとがなにを好ましく感じるかは知りたく

どういう比較級のもと、これが良いとか悪いとか云うのか

ナビキ体質の民族の謎は解き明かしたく

んだから

その手掛かり集めに

自分なりの仕掛けをしたりはする、ごく当たり前に

 

して

趣味は趣味のままの方が良い と

その真意がようやく近づいたような、アラカン阿呆

 

そこだよね

とことんひとりよがりになりゃいいものを

時に不必要な客観性

それが誰のせいなのかは、わかっているのだが

未だ背けないという、この呪縛 (苦笑)

 

カメラを手にして、二年

ふと最近

ファインダーの中の別世界に魅入られる瞬間が

それこそ錯覚なんだろうけど

度々あるわけでないこの感覚

もしかして

本来の歓びってこれなのかなぁ と

いけないことは

それを覚えておこうとすることか!?

 

いつか、理屈じゃなくて

感覚で繋がりますように、あれとこれ

            T.ARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です