アンデルセンな気持ち

 

なんとなく

泣きたくて

とは

いっても

悲しみたいとかじゃなく

ちょっと

乾燥気味だから

って

ほんとんとこは

そう

心の 

にゃ

気持ちの

そう

揉みほぐして

高野から絹ごしへ

豆腐をこえて

スポンジか

砂まで

とは

シミコミ体に

戻してほしいから

 

あああ

事故に遭うような感動がしたい

 

日常とは

そういうものだと

いくたび

気づけば

諦めがつくのやら

だから

あるのだよ、〇〇

 

とは云うものの

てっとりばやく

しっとりするために

とあるドラマ全22話に

うぇんうぇん

むせんでいる

 

なんとも

暮れらしい

       きみはあの「ラース」だね

                  T.ARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です